独歩の蒼いギター

私が当ブログで説きたい事は、音楽の原点回帰と、音楽天性論の否定である。サブテーマとして、私の娯楽の一つである、MHについても取り上げる。なお、音楽関係でもMH関係でも、申請は気軽にどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「飛び乗リスト」養成講座・応用編

 今回はタイトルの通り、飛び乗りの応用編を説いていきます。しかし応用に入る前に、知っておいてほしい事がいくつかありますので、それを説いていきます。

 飛び乗りを続けると、いろいろと気づく事があると思いますが、まず私が気づいた飛び乗りの失敗する条件を挙げます。まずは飛び乗る前の状態から。

①転倒状態の時に、ハンターが近くにいない。
②転倒状態にあるモンスターがスタン・麻痺・睡眠・閃光状態になる。

 こうなると、怯んで転倒はしますが、飛び乗り状態に移行しません。これは失敗と同じです。これらはよくあるケースではないですが、意外と①の状態は多いです。味方の攻撃で吹き飛ばされたり、粘菌が爆発したり、火山の小噴火で吹き飛ばされたり、などです。

 次に飛び乗り状態には移行しますが、途中で解除される条件を挙げます。

①壁際、入り口付近など、飛び乗る場所が悪い。 
②飛び乗り中に、味方の攻撃でモンスターが怯む。
③飛び乗り中に、スタン、麻痺、睡眠状態になる。
④飛び乗り中に、罠にかかる。もしくはかける。
⑤飛び乗り中に、粘菌が爆発する。
⑥飛び乗り中に、毒でハンターが死ぬ。
⑦無条件で飛び乗り解除。もしくは条件が解っていない。
⑧切り上げ、爆弾など、ハンターが吹き飛ぶ攻撃を当てる。

 この内、味方のせいで失敗するケースは②と③と④と⑧です。飛び乗りを成功させたいのなら、飛び乗り中は攻撃は控えなければいけません。逆に解除したいときは、②と③と④と⑧を狙えば良いのです。
 ただし、⑧に関しては実証できてません。そんな気がする、そんな事もあったような気がする、という域を出るものではないことを、明記しておきます。

※音爆弾による怯みはまだ試していません。

 さて、飛び乗リストとして初心者を卒業したいなら、まずはスタミナ管理です。Rボタンを押しっぱなしは初心者だと思ってください。慣れてる人は押しっぱなしはしません。なぜなら、しがみつきの最初にスタミナを25も消費してしまうからです。
 ここまで説けばわかる人もいるでしょうが、攻撃中はしがみついていませんが、攻撃の最中、不意にスタミナが25減ってしまう事があるのを、誰もが経験しているはずです。これは、一瞬だけしがみつきに移行しているのです。
 25のスタミナで、飛び乗りが失敗する事もありますので、飛び乗リスト初心者を卒業したいのなら、Rボタン押しっぱなしはやめ、必要なタイミングでRボタンを押して、しがみつきができるようになりましょう。

 次は、飛び乗りを成功させ、モンスターをダウンさせるタイミングです。モンスターは咆哮でハンターを振り落とそうとしますが、味方が咆哮で硬直している時に、飛び乗りを成功させると、少し拘束時間をロスしてしまいます。なので、ゲージをよく見て、余裕があれば仲間の状態も考えてあげて、チャンスを最大に活かせるようなタイミングで飛び乗りを成功させる事も、飛び乗リストとしては重要な事ですよ。

 あとはモンスターのめまい、状態異常などの蓄積値もある程度予想しておくと、より拘束時間を延ばす事ができます。麻痺、スタン、睡眠が入る前に、速攻でそれらを入れやすいように飛び乗る、とか、他にも太刀やスラアクのゲージがある程度溜まってから飛び乗る、とか、いろいろあります。逆に状態異常武器を持っている人は、飛び乗り中やダウン中は攻撃を控えたりする事も一つの手です。

 次は、知っておくと便利な事をいくつか挙げます。まず、ランナーのスキルは影響しないということ、スタミナ急速回復は適応されるということ、耳栓も適応されるということ、なので笛の聴覚保護の旋律があると、すごく便利です。カリピストのみなさん、よろしく🎶
 
 最後に、時には強引なボタン連打も有効だということも覚えておいてください。あと少しで飛び乗りが成功する時などは、ボタン連打した方が早いです。
 そして、チャンスの直後は危険な時でもあります。ダウン中のモンスは攻撃をしてきませんが、ダウン解除したらすぐさま反撃にでますので、味方の体力にも気を配り、早めに粉塵を飲んであげるなど、ここも飛び乗リストとしてのセンスの見せ所です。

 余談ですが、飛び乗りを成功させたいモンスターとして、クシャルがいます。クシャルは飛び乗りを成功させると、竜風圧を風圧大にさせることができますので、クシャルの竜風圧が邪魔な時は、飛び乗りを狙っていってください。

 以上で「飛び乗リスト」養成講座は終わりです。後は実際にたくさんのモンスターに飛び乗って、コツを掴んでください。
 
 長文になってしまいましたが、最後までお付き合い頂いて、ありがとうございました。次は狩場で会いましょう。華麗な飛び乗りを披露してください。
 
スポンサーサイト

MH4 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<操虫棍講座・虫編 | ホーム | 「飛び乗リスト」養成講座・入門編>>

コメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2013-10-06 Sun 13:58 | | [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。